スポンサーリンク

【生後30日目】赤ちゃんにも痛覚はある

スポンサーリンク
嫁のページ
スポンサーリンク

息子と生活を共にするようになってから1つの疑問が浮かんだ。

たまに息子を抱っこして部屋を移動するとき、頭や足をドアにぶつけてしまったりすることがある。今の痛かったよね?と心配するときもあるけど、そんな時も基本的に無表情。泣いたり嫌な顔したり全く痛がる素ぶりを見せないけど、痛覚はあるの?

 

赤ちゃんは痛みを感じない、と30年前まで考えられていた

大人と同じように痛みを感じる

87年の臨床試験で証明されるまで、多くの専門家が赤ちゃんは痛みを感じないと考えていた。その常識が覆されても、痛みの処理状況は不明だった。

しかし15年、オックスフォード大学の研究チームがfMRI(機能的磁気共鳴映像法)を用いて痛みの刺激に対する脳の反応を観察。それによれば、痛みを加えたときに乳幼児も大人と同じ脳の領域が活発になっていた。チクチク刺すようなかすかな痛みに対しても、その4倍の痛みを与えた大人と同様の反応を示すことが判明。つまり痛みを感じやすいことが分かった。

 

また、親の愛には痛みを軽減する効果あり

ニューヨーク大学のチームが行った研究では、子供のラットが痛みを感じたとき数百の遺伝子が発現するのが確認された。だが母親のラットがそばにいるときには、遺伝子の発現は100以下だったという。この研究は、母親の存在が、苦痛を感じる乳幼児の脳に短期的な影響を及ぼせることを初めて明らかにした。研究チームは長期的効果も検証。すると母親がそばにいる安心感は、幼い発達途上の脳の神経回路を修正する働きがあることが分かった。

引用元:https://www.newsweekjapan.jp/stories/lifestyle/2018/04/30-14.php

 

昭和三十年代初頭までは、新生児や生後2~3カ月までの乳児には麻酔をかけずに手術が行われていたそう。恐ろしい話ですね。

無表情だけど痛かったんだね、息子よ。ごめん。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました