スポンサーリンク

入院なう②

スポンサーリンク
妊娠日誌。
スポンサーリンク

前回からの続き

当初は陣痛室で1泊する予定でしたが、状況によっては大部屋に移動しますと言われました。(その時点では陣痛室には誰もおらず、貸し切りで使用できていた為、産院側の配慮からでしょう)

ソーイチローくんと廊下で話し、20時半に別れた後自分のベッドに戻ってみると、駆け込み妊婦さんが来ていました。

最初、私の隣のベッドに居たのですが、すぐに子宮口MAXになり分娩室へ!

陣痛室の隣が分娩室になっており、声が丸聞こえでした。

結果的にその妊婦さんは、病院に着いておそらく1時間以内で出産されていました。

あまりの展開の早さに助産師さんたちもビックリしていました。ご家族も誰も間に合っていない様子。

痛いよー怖いよーを泣き叫んでいる様子を外から聞いていて恐怖MAXと同時に、「頑張れ!!」と勝手に応援していました。

赤ちゃんが出る直前のいきみ声が一際大きかったのが印象的でしたが、分娩室に移動して30分で出産。

助産師さんたちの余裕を持ちつつ、的確なアドバイスのかけ方が印象的でした。妊婦さんも安心されたことでしょう。さすがです。

無事元気な赤ちゃんの泣き声が響き渡り、他人様のお子さんですがずっと聞いていたいくらい可愛かった。たぶん女の子かなー。

その後別件で助産師さん宛に電話が入り、今から産院に来る方がいるので、大部屋へ移動しましょうかとなりました。

移動後、23時前には就寝。

寝るまでは生理の鈍痛のような痛みが引き続きしていましたが、少しでも体力を温存しなければ!という思いで寝ました。

結果、自分でも引くくらい爆睡(笑)

ここ最近夜中トイレに行くこともなく、朝まで熟睡できていましたが、今回も起こされるまでトイレに行かず、胎動で1度ムニャムニャ起きたくらいでした。

 

4:30、助産師さんに起こされ起床。

「もしかしてもう4:30ですか?」と聞くくらい寝てました。

そして、昨日と同じ場所に移動後、同じ装置をつけて5時までゴロゴロ。

昨夜と違う妊婦さんがお隣にいて陣痛が始まっているみたいで、痛いよー怖いよーを叫んでいました。ほどなくして分娩室に移動後、ずっと叫んでいます。頑張ってください!!

自分も数時間後にはああなっていることでしょうが、今のところ痛みが全くないので、まだどこか他人事。

心境としては、歯医者の待合室で施術されて泣き叫んでいる子供の声をぼんやり聞いているかのような気分です。

5時前に様子を見に来た方に「張ってますか?」と聞かれるも「全くわかりません」とこたえる。

5時、助産師さん装置のグラフをチェックしにくる。

お腹は30分の間に5回くらいは張っているとのこと。「良かった〜、ちゃんと張ってはいるんだ」と思いながら、陣痛誘発剤を1錠飲む。

しかし部屋内が暑い。これは赤ちゃんが低体温で産まれて来る為、室温は高めに設定されているから仕方がないことだそう。真夏じゃなくて良かったと心から思う。

案外元気です。今のところ。

コメント

  1. […] 前回からの続き […]

タイトルとURLをコピーしました